古裂と猫をこよなく愛する私の日々の呟き
by hiina
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
掲載図録について
すべての掲載作品の無断複製使用は法に依り禁じられていますので固くお断りします。



「ピックアップブロガー」に紹介して頂きました。
小窓の↑マイクの印をクリックするとご覧頂けます。
ライフログ
カテゴリ
全体
古 裂
ひいな
お出かけ日和
アンティーク
身のまわり
お家の草や花たち
仕事部屋から
おいしいの素
うさぎ
日々のこと
おしらせ
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
フォロー中のブログ
季節を感じて
Komachi Days
gyuのバルセロナ便り ...
イギリスからヒトリゴト
アンティーク・雑貨・アー...
エミリアからの便り
aya's photo
 フランス生活便り
ドン・小太郎・コルリオー...
Cahier de Co...
匂いのいい花束。ANNEXE。
ヒトは猫のペットである
R's ANNIVERSARY
wiwiの気まぐれ日記
おまけ猫たちとの日常
造形教室な日々
ハートの知性から生きる ...
猫と紅茶
ありがとう 人生!~me...
フィレンツェ田舎生活便り2
Reon&Roses+Lara
好きな写真と旅とビールと
くーぽあ・くーぱー不定期便
souvenir/un ...
papillon bleu
pour toujours
PARIS+ANTIQUE 
スペイン・バルセロナ・ア...
A motif
La Fleur
ふるーるのポケット
fuu.....nnm....
黒パグ CHAPPYの成...
*nunonohana*
a serene life
monologue
VINO! VINO! ...
greenfinger ...
クールドミール
満月アンティーク
salvage anti...
La mayonesa
ferio
MONO STYLE +
FUNKY'S BLUE...
針仕事職人の気ままな仕事場
Mercerie Hige
月の下の子供
It's on my mind
Figuier
*fil de laine*
murmure
キャトキンとモニアン
イタリア語って面白い!
絵本とわたしとこどもたち
ア ラ カルト
La queue courte
おうち大好き
星星峡 
inunome-neko...
clair de lune
*かんざし屋富美子*
milly.b
ぬのきち
 花の手仕事[flowe...
ありがとうはまほ(う)のことば
海の古書店
Rose Anciennes
mille/deux b...
ROSE DECO
ladder of th...
はんなり気ままなDiary
イタリア・ジノリの街から
La Maison de...
The other side
~AnnaMaria~の雑記帳
イギリス 西ウェールズの...
anko`s life
comme des pa...
羊毛フェルトアート...
MIKA MIKA
La pâte du l...
もの言う猫
m's note 2。。。
古道具 前田  
陽だまりcafe
la mer
olivier*オリーブの木
Le Petit Ruban*
Mon favori
tannune
羊毛フェルト&ハンドメイ...
~ わんこと私と and...
deuxR
絵本とわたしとこどもたち...
Sauntering 
■□Chicher's ...
ゆるりとした暮らしの中で
Les feuilles...
長女Yのつれづれ記
Choisir!c'es...
風に吹かれて
latte di luna
何してたっけ?
フレンチシックな家作り。...
「美は観る者の眼の中にある」
Clearing Method
Salt&Orange時...
気ままな日々綴り
着物、ときどきチロ美&チ...
histoire
♪Princess Cr...
Sourire doux...
風まかせ
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
ステンドグラス こもれ...
Cottoli shop...
はるママの今日
BOUDOIR
香りとともに暮らす/ココ...
ネコと文学と猫ブンガク
kazu photo blog
風歩記
ほろ酔いにて
Wind and Roses
花のリヴィエラ便り ::...
のほほん幸せ探し
espoir/~アンティ...
いつまでもお洒落でいたいから
galette des ...
RIVER LEATHER 
Chaussures ...
風と花を紡いで
~nonon garden~
我流でいいよね。
奈良・河合町・橿原市~パ...
幸福な時間
mai memory
外部リンク
ファン
最新のコメント
鍵コメ21:06さまへ ..
by chirimen1111 at 17:11
鍵コメ19:33分さまへ..
by chirimen1111 at 10:00
annamariaさまへ..
by chirimen1111 at 20:33
鍵コメ17:09さまへ ..
by chirimen1111 at 20:29
鍵コメ13:06さまへ ..
by chirimen1111 at 20:22
鍵コメ11:37さまへ ..
by chirimen1111 at 20:20
hiinaさん ブログ1..
by a-annamaria at 18:25
foxgloveさまへ ..
by chirimen1111 at 07:21
hiinaさま お久し振..
by 112foxglove at 12:20
kkaiさまへ おはよ..
by chirimen1111 at 06:45
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
問い合わせ
from 春うらら
問い合わせ
from 春うらら
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば
掲載誌のお知らせ
from フレンチシックな家作り。la..
感謝。
from ふるーるのポケット
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大 き な 仕 事 を 終 え て 。。。。。




               
              毎年殆ど変わらないクリスマスの飾りつけ、
              それはお気に入りがずっと変わらないから、
d0125776_21543736.jpg

              昨年と違うのは少し準備が遅かったことかな。。。。。




d0125776_21563387.jpg

            やっと大きなお仕事が終わってホッと一息つけたからです。。。





d0125776_2201173.jpg

               依頼主の方からの希望はこの菊模様の古裂と、





d0125776_2221094.jpg

                      この粋な縞模様と葉の古裂と、





d0125776_2245463.jpg

              紺地にやはり菊模様のちりめん古裂を背景に、そして家紋を入れる
              これだけの条件で他は全て貴女にお任せしますと言うものでした。




             
              とても大変な制作の日々が続き、
              途中、母のこともあり納期は大幅に遅れ一時はパニック状態に
              なったこともありましたが、
              そんな私の私的なわがままを「大丈夫よ!」と依頼主の方は
              広い心でギリギリまで待って下さいました。




d0125776_22134498.jpg

              一枚一枚菊の花弁を作っていくのですが、
              この作業がとても大変なのです。。。。。。。。




d0125776_22151788.jpg

              花芯の周りには良く見ないと判らないほどの細い金糸を
              巻いてみました。
              こうすることでメリハリがつき遠目ではハッキリと見えるのです。





d0125776_22191172.jpg

              これが完成した頃には背中も肩も腕も指もカチカチに
              固まって石の様になっていました。。。。。





d0125776_2221430.jpg

              描かれた菊の中に1輪だけ押し絵の菊を作り仲間入り、
              どれが押し絵の菊か皆さん、お判りになりますか?





d0125776_22243670.jpg

              依頼主の方をイメージして制作したうさぎの舞姿です。。。。





d0125776_22265795.jpg

              指1本1本を作るのが一番大変でした・・・・・。
              息を止めて一気に作るのですが・・・・・。





d0125776_2230472.jpg

              そして今回はいつもと全く逆の【綿】を一切入れないで
              制作するというものなので、正直とても苦戦してしまいました。
              そうしないと屏風が畳めないからなのです。
              ちょっと油断すると、古裂に皺が入ってしまって・・・・・。





d0125776_2234634.jpg

               うさぎの着物もとても希少な青の江戸ちりめん、
               模様はもちろん菊、帯びも紅花染めの江戸ちりめん、
               そして菊模様と、とことん菊にこだわって制作しました。




               

                何度となく依頼主の方にお電話をして自分の想いを伝え、
                やっと完成に漕ぎ着けた屏風をお届け出来たのは、
                11月の21日でした。。。。。






d0125776_22431896.jpg

                  そして私の元に届いた招待券、




d0125776_22534429.jpg

                 第20回 「菊水会」  主宰 西川菊次郎





d0125776_22564840.jpg

               そう、この西川菊次郎さんが屏風の依頼主の方なのでした。
               とても気さくでやさしくどなたにも好かれる先生は
               私の事も気遣って、いつも励まして下さいました。
               「いいのよ!大丈夫!」と大きな声で。。。。。





d0125776_2324096.jpg

              私もお言葉に甘えご招待をお受けし26日当日御園座へ、




d0125776_2355643.jpg

              ちょっとドキドキの私は大きな看板を
              横目で見ながら足早に中へ。。。。





d0125776_2310876.jpg

          中へ入った途端、目に飛び込んで来たお祝いの花の数々、




d0125776_23135042.jpg

              朝丘雪路さんも日本舞踊の家元さんでしたよね!





d0125776_23174783.jpg

              西川流三世家元 西川右近さんからもお花が、







               そしてロビーに入っていくと、
d0125776_2321516.jpg

             真っ白な大輪の胡蝶蘭の後ろに屏風が。。。。。。
             その瞬間、何だか身体全体の力が抜けてしまった私でした。
              高さが2m近くある屏風も広い御園座のロビーでは収まりが
             ちょうど良いから不思議です。





d0125776_23235347.jpg

            感激とそして菊次郎先生の想いが私に伝わって来て熱いものが
            込み上げてしまいました。。。。。






d0125776_23273822.jpg

            今回色々な偶然が重なってこのお仕事を頂きました。
            仕事に大きいも小さいも無いのですが、
            私にとって母が亡くなった状況下の中でこのお仕事を
            させて頂いたことや講習会をあちこちでさせて頂いたこと
            それら全てが本当に有りがたかったと痛感しています。
            それに没頭している時間は【無心】になれたから・・・・・。




            午前11時から午後7時過ぎまで繰り広げられる舞台は
            華麗さ荘厳さ艶やかさそれら全てが相まって素晴らしいものでした。
            撮影出来ないのが悔しい程に。。。。。。

            菊次郎先生の舞台は息を呑む程に美しくしなやかで、
            時に儚く、時に力強く、時に妖艶でもありました。





            先生は仰います「逃げるな」 「ごまかすな」 「あきらめるな」
            これを永遠の課題と心得、今に満足せず精進する。
            この言葉を噛み締めて次に備えますと。。。。
            そして急がず、焦らず、歩幅を変えず今まで通りにとも。。。。


            この機会を与えて頂いた西川菊次郎さんへ
             「 先生、ありがとうございました!とても良い経験をさせて頂き
              私自身もここで満足せずゆっくりでも前に踏み出して行こうと
              思います。」



             ☆明日からまた次の作品制作に入ります。
              長い長いブログに最後までお付合い下さってありがとうございました。
              
[PR]
by chirimen1111 | 2009-11-28 23:47 | 仕事部屋から
<< あ た た か な 師 走 思いがけない出来事が続いた時間 >>