古裂と猫をこよなく愛する私の日々の呟き
by hiina
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
掲載図録について
すべての掲載作品の無断複製使用は法に依り禁じられていますので固くお断りします。



「ピックアップブロガー」に紹介して頂きました。
小窓の↑マイクの印をクリックするとご覧頂けます。
ライフログ
カテゴリ
全体
古 裂
ひいな
お出かけ日和
アンティーク
身のまわり
お家の草や花たち
仕事部屋から
おいしいの素
うさぎ
日々のこと
おしらせ
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
フォロー中のブログ
季節を感じて
Komachi Days
gyuのバルセロナ便り ...
イギリスからヒトリゴト
アンティーク・雑貨・アー...
エミリアからの便り
aya's photo
 フランス生活便り
ドン・小太郎・コルリオー...
Cahier de Co...
匂いのいい花束。ANNEXE。
ヒトは猫のペットである
R's ANNIVERSARY
wiwiの気まぐれ日記
おまけ猫たちとの日常
造形教室な日々
ハートの知性から生きる ...
猫と紅茶
ありがとう 人生!~me...
フィレンツェ田舎生活便り2
Reon&Roses+Lara
好きな写真と旅とビールと
くーぽあ・くーぱー不定期便
souvenir/un ...
papillon bleu
pour toujours
PARIS+ANTIQUE 
スペイン・バルセロナ・ア...
A motif
La Fleur
ふるーるのポケット
fuu.....nnm....
黒パグ CHAPPYの成...
*nunonohana*
a serene life
monologue
VINO! VINO! ...
greenfinger ...
クールドミール
満月アンティーク
salvage anti...
La mayonesa
ferio
MONO STYLE +
FUNKY'S BLUE...
針仕事職人の気ままな仕事場
Mercerie Hige
月の下の子供
It's on my mind
Figuier
*fil de laine*
murmure
キャトキンとモニアン
イタリア語って面白い!
絵本とわたしとこどもたち
ア ラ カルト
La queue courte
おうち大好き
星星峡 
inunome-neko...
clair de lune
*かんざし屋富美子*
milly.b
ぬのきち
 花の手仕事[flowe...
ありがとうはまほ(う)のことば
海の古書店
Rose Anciennes
mille/deux b...
ROSE DECO
ladder of th...
はんなり気ままなDiary
イタリア・ジノリの街から
La Maison de...
The other side
~AnnaMaria~の雑記帳
イギリス 西ウェールズの...
anko`s life
comme des pa...
羊毛フェルトアート...
MIKA MIKA
La pâte du l...
もの言う猫
m's note 2。。。
古道具 前田  
陽だまりcafe
la mer
olivier*オリーブの木
Le Petit Ruban*
Mon favori
tannune
羊毛フェルト&ハンドメイ...
~ わんこと私と and...
deuxR
絵本とわたしとこどもたち...
Sauntering 
■□Chicher's ...
ゆるりとした暮らしの中で
Les feuilles...
長女Yのつれづれ記
Choisir!c'es...
風に吹かれて
latte di luna
何してたっけ?
フレンチシックな家作り。...
「美は観る者の眼の中にある」
Clearing Method
Salt&Orange時...
気ままな日々綴り
着物、ときどきチロ美&チ...
histoire
♪Princess Cr...
Sourire doux...
風まかせ
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
ステンドグラス こもれ...
Cottoli shop...
はるママの今日
BOUDOIR
香りとともに暮らす/ココ...
ネコと文学と猫ブンガク
kazu photo blog
風歩記
ほろ酔いにて
Wind and Roses
花のリヴィエラ便り ::...
のほほん幸せ探し
espoir/~アンティ...
いつまでもお洒落でいたいから
galette des ...
RIVER LEATHER 
Chaussures ...
風と花を紡いで
~nonon garden~
我流でいいよね。
奈良・河合町・橿原市~パ...
幸福な時間
mai memory
外部リンク
ファン
最新のコメント
鍵コメ21:06さまへ ..
by chirimen1111 at 17:11
鍵コメ19:33分さまへ..
by chirimen1111 at 10:00
annamariaさまへ..
by chirimen1111 at 20:33
鍵コメ17:09さまへ ..
by chirimen1111 at 20:29
鍵コメ13:06さまへ ..
by chirimen1111 at 20:22
鍵コメ11:37さまへ ..
by chirimen1111 at 20:20
hiinaさん ブログ1..
by a-annamaria at 18:25
foxgloveさまへ ..
by chirimen1111 at 07:21
hiinaさま お久し振..
by 112foxglove at 12:20
kkaiさまへ おはよ..
by chirimen1111 at 06:45
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
問い合わせ
from 春うらら
問い合わせ
from 春うらら
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば
掲載誌のお知らせ
from フレンチシックな家作り。la..
感謝。
from ふるーるのポケット
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
長良川の鵜飼



d0125776_22355659.jpg

        お誘いを受け初めて行った「長良川の鵜飼」        
        岐阜と私の住む愛知、近隣なのに「鵜飼」は私にとっては別世界のもの
        そういう感覚でいただけに、心が揺れるほどの感動でした。
        今回本当に伺って良かったと心底思いました。




d0125776_22421966.jpg

        長良川の鵜匠は現在6名、宮内庁に属し(国家公務員)
        世襲で受け継がれています。
        正式名は宮内庁式部職鵜匠と言います。
        写真ではわかりにくいのですが、
        鵜が一生懸命、鮎を捕って顔を上げた瞬間を撮影、
        撮影しながら何故か感動して泣けて来ました。
        鵜匠と鵜の信頼関係になのか、
        1300年以上前から脈々と続けられている鵜飼そのものになのか、
        兎に角、自然と涙が出てしまいました。。。。。







d0125776_22543225.jpg

        鵜舟が横並びになり浅瀬に鮎を追い込む「総がらみ」
        かがり火が闇夜に浮かんで圧巻でした。







d0125776_2257350.jpg

        鵜飼のスタートは山手からの打ち上げ花火が合図となります。
        打ち上げ花火が上がった途端、私の心臓もドキドキでした♪







d0125776_230228.jpg

        予約して下さった舟は「菊鳳丸」といい、
        幸運にも今の天皇、皇后両陛下が乗られたお舟でした!







d0125776_2344443.jpg

        他の舟よりもちょこっと頑丈に造られてます!?と
        船頭さんが(冗談ですが)。
        前日は大雨が降り川の水が濁っていて心配でしたが、
        いざ鵜飼が始まれば、風が涼しく舟の中は快適でした。







d0125776_23105728.jpg

        鵜飼が終わり、舟の縁に乗って羽根を乾かす鵜たち。
        この時必ず、つがいで乗るのだそうです(雄、雌関係なく2羽で)
        私たちの舟の前でこの様子を見せて下さった鵜匠さんは
        鵜匠家一統の杉山さん、このあと鵜たちにこの日初めてのご飯を
        あげて行きます。働きに応じてご飯の量も違うそうです。
        このシーンにも胸が熱くなってしまって。。。。。







d0125776_23192445.jpg

        何だか最近、歳を重ねていくうち、
        心が揺さぶられるような感動とか、涙とか、
        そういうものがどんどんと希薄になっていくような気さえしていました。
        鵜飼はそんな自分に身体が震えるような感動を再び与えてくれました。

        この1枚、大好きな明治の版画家・小林清親の作品に
        似ている気がして、ちょっと嬉しくなってUP。。。。






        つづく。
        
        
[PR]
by chirimen1111 | 2013-07-02 23:30 | お出かけ日和
<< 岐阜提灯と水うちわ 生活感 >>