古裂と猫をこよなく愛する私の日々の呟き
by hiina
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
掲載図録について
すべての掲載作品の無断複製使用は法に依り禁じられていますので固くお断りします。



「ピックアップブロガー」に紹介して頂きました。
小窓の↑マイクの印をクリックするとご覧頂けます。
ライフログ
カテゴリ
全体
古 裂
ひいな
お出かけ日和
アンティーク
身のまわり
お家の草や花たち
仕事部屋から
おいしいの素
うさぎ
日々のこと
おしらせ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
フォロー中のブログ
季節を感じて
Komachi Days
gyuのバルセロナ便り ...
イギリスからヒトリゴト
アンティーク・雑貨・アー...
エミリアからの便り
aya's photo
 フランス生活便り
ドン・小太郎・コルリオー...
Cahier de Co...
匂いのいい花束。ANNEXE。
ヒトは猫のペットである
R's ANNIVERSARY
wiwiの気まぐれ日記
おまけ猫たちとの日常
造形教室な日々
“ゆる気”な日々 ///...
猫と紅茶
ありがとう 人生!~me...
フィレンツェ田舎生活便り2
Reon with LR...
好きな写真と旅とビールと
くーぽあ・くーぱー不定期便
souvenir/un ...
papillon bleu
pour toujours
PARIS+ANTIQUE 
スペイン・バルセロナ・ア...
A motif
La Fleur
ふるーるのポケット
fuu.....nnm....
黒パグ CHAPPYの成...
*nunonohana*
a serene life
VINO! VINO! ...
greenfinger ...
クールドミール
満月アンティーク
salvage anti...
La mayonesa
ferio
MONO STYLE +
FUNKY'S BLUE...
針仕事職人の気ままな仕事場
Mercerie Hige
月の下の子供
It's on my mind
Figuier
*fil de laine*
murmure
キャトキンとモニアン
イタリア語って面白い!
絵本とわたしとこどもたち
ア ラ カルト
La queue courte
おうち大好き
星星峡 
inunome-neko...
clair de lune
*かんざし屋富美子*
milly.b
ぬのきち
 花の手仕事[flowe...
ありがとうはまほ(う)のことば
海の古書店
Rose Anciennes
mille/deux b...
ROSE DECO
ladder of th...
はんなり気ままなDiary
イタリア・ジノリの街から
La Maison de...
The other side
~AnnaMaria~の雑記帳
イギリス 西ウェールズの...
anko`s life
chinois chic...
羊毛フェルトアート...
MIKA MIKA
La pâte du l...
もの言う猫
m's note 2。。。
古道具 前田  
陽だまりcafe
la mer
olivier*オリーブの木
Le Petit Ruban*
Mon favori
tannune
羊毛フェルト&ハンドメイ...
~ わんこと私と and...
deuxR
絵本とわたしとこどもたち...
Sauntering 
■□Chicher's ...
ゆるりとした暮らしの中で
Les feuilles...
長女Yのつれづれ記
Choisir!c'es...
風に吹かれて
latte di luna
何してたっけ?
フレンチシックな家作り。...
美は観る者の眼の中にある
Clearing Met...
Salt&Orange時...
気ままな日々綴り
着物、ときどきチロ美&チ...
histoire
♪Princess Cr...
Sourire doux...
風まかせ
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
ステンドグラス こもれ...
Cottoli shop...
はるママの今日
BOUDOIR
香りとともに暮らす/ココ...
ネコと文学と猫ブンガク
kazu photo blog
風歩記
ほろ酔いにて
Wind and Roses
花のリヴィエラ便り ::...
のほほん幸せ探し
espoir/~アンティ...
いつまでもお洒落でいたいから
galette des ...
RIVER LEATHER 
Chaussures ...
風と花を紡いで
~nonon garden~
我流でいいよね。
奈良・河合町・橿原市~パ...
幸福な時間
mai memory
外部リンク
ファン
最新のコメント
フルールさまへ コメン..
by chirimen1111 at 19:33
hiinaさん、こんにち..
by apercevoir at 16:54
> Yさん お..
by chirimen1111 at 11:56
hiina様 コメント..
by Y at 20:21
鍵コメY様へ コメント..
by chirimen1111 at 23:13
hiina様、始めまして..
by Y at 21:04
鍵コメ21:06さまへ ..
by chirimen1111 at 17:11
鍵コメ19:33分さまへ..
by chirimen1111 at 10:00
annamariaさまへ..
by chirimen1111 at 20:33
鍵コメ17:09さまへ ..
by chirimen1111 at 20:29
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
問い合わせ
from 春うらら
問い合わせ
from 春うらら
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば
掲載誌のお知らせ
from フレンチシックな家作り。la..
感謝。
from ふるーるのポケット
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日本の女優第一号




d0125776_9592410.jpg

            まるで映画のワンシーンにでも出てきそうな佇まい、
            ここはマダム貞奴の名で日本はもとよりアメリカ、フランスなど
            世界をも魅了した日本の女優第一号として名を馳せた
            川上貞奴が暮らしていた通称「二葉御殿」の外観。



d0125776_1043884.jpg

            当時の暮らしぶりを伺わせる内装、建築、調度品の数々を
            タイムスリップしたかのようにこの日の暑さを忘れて堪能することに。








             
d0125776_1075848.jpg

             ヘリンボーンの床、憧れます。。。。。。







d0125776_1085792.jpg

              貝巻き布団も絹製のこんなに豪華なものしかもペア。






d0125776_10105591.jpg

              貞奴の書斎の文机は漆に金蒔絵、随所に精密な細工が施され
              お座布は宝船の模様が染められた縮緬と贅を尽くしたものばかり。
              知らず知らずのうちにふぅーと溜息が。。。。。







d0125776_10142326.jpg








d0125776_1025264.jpg








d0125776_10253438.jpg

            さすがにこの日の名古屋は猛暑で汗だくでした^^
            二葉館の建つこの界隈は文化のみちとして、
            たくさんの歴史ある建造物が立ち並び散策できるスポット。
            メーグルというバスで名古屋駅からのアクセスもとても便利です。
            ただこんなに素晴らしい界隈があまり多くの方に知られていないと
            タクシーの運転手さんがちょっぴり残念そうでした。
            もう少し涼しくなったら、今度は散策して回ろうと思います。
            
            涼しくと言えば今日は暦の上では立秋、
            昨日に比べ暑さも幾分和らいだような・・・・?
            それでも暑い立秋となりました。
            みなさま夏バテ知らずの、元気な週末をお過ごしくださいませ。


            文化のみち二葉館 http://www.futabakan.jp/









d0125776_1015180.jpg

              「マダム貞奴」
              士族の娘に生まれ16歳で芸者になり貞奴という名を貰う。
              奴とは当時最高の芸子の名・称号であったと言われます。
              伊藤博文をはじめ数多くの文化人、政財界人が贔屓とし、
              その美貌と知性はやがて女優の道へと開花して行きました。
              フランスではピカソをも魅了しそのデッサン画にも
              たびたび登場しています。
              女優引退後、この名古屋の街で晩年まで暮らしていた貞奴。
              当時愛用していた、着物、簪、アメリカ巡業の際愛用していた
              トランク、当時の写真の数々、
              しばし時間を忘れどっぷりと貞奴の世界に浸ってしまう私でした。
 
              みなさまも名古屋へ見えた折には是非散策を♪


           
                   
[PR]
by chirimen1111 | 2015-08-08 11:11 | お出かけ日和
<< 365日 日本最古の絵具屋のネイル >>