人気ブログランキング | 話題のタグを見る

古裂と猫をこよなく愛する私の日々の呟き
by hiina
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
掲載図録について
すべての掲載作品の無断複製使用は法に依り禁じられていますので固くお断りします。



「ピックアップブロガー」に紹介して頂きました。
小窓の↑マイクの印をクリックするとご覧頂けます。
ライフログ
ちりめん戯縫
カテゴリ
全体
古 裂
ひいな
お出かけ日和
アンティーク
身のまわり
お家の草や花たち
仕事部屋から
おいしいの素
うさぎ
日々のこと
おしらせ
未分類
以前の記事
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...
フォロー中のブログ
季節を感じて
gyuのバルセロナ便り ...
イギリスからヒトリゴト
アンティーク・雑貨・アー...
エミリアからの便り
aya's photo
 フランス生活便り
ドン・小太郎・コルリオー...
Cahier de Co...
匂いのいい花束。ANNEXE。
ヒトは猫のペットである
R's ANNIVERSARY
wiwiの気まぐれ日記
おまけ猫たちとの日常
造形教室な日々
よしのたかみ /// い...
猫と紅茶
ありがとう 人生!~me...
フィレンツェ田舎生活便り2
Reon with LR...
好きな写真と旅とビールと
くーぽあ・くーぱー不定期便
souvenir/un ...
pour toujours
PARIS+ANTIQUE 
スペイン・バルセロナ・ア...
A motif
La Fleur
ふるーるのポケット
fuu.....nnm....
メモ
*nunonohana*
a serene lif...
VINO! VINO! ...
greenfinger ...
クールドミール
満月アンティーク
salvage anti...
La mayonesa
ferio
MONO STYLE +
FUNKY'S BLUE...
針仕事職人の気ままな仕事場
Mercerie Hige
月の下の子供
It's on my mind
Figuier
*fil de laine*
murmure
キャトキンとモニアン
イタリア語って面白い!
絵本とわたしとこどもたち
ア ラ カルト
La queue courte
おうち大好き
蒼穹 
inunome-neko...
clair de lune
*かんざし屋富美子*
milly.b
ぬのきち
 MIEKO SUZUK...
ありがとうはまほ(う)のことば
海の古書店
Rose Anciennes
mille/deux b...
ROSE DECO
ladder of th...
はんなり気ままなDiary
イタリア・ジノリの街から
La Maison de...
The other side
~AnnaMaria~の雑記帳
イギリス 西ウェールズの...
anko`s life
chinois chic...
羊毛フェルトアート...
MIKA MIKA
La pâte du l...
もの言う猫
m's note 2。。。
古道具 前田  
la mer
olivier*オリーブの木
Le Petit Ruban*
Mon favori
tannune
羊毛フェルト&ハンドメイ...
~ わんこと私と and...
deuxR
絵本とわたしとこどもたち...
Sauntering 
■□Chicher's ...
ゆるりとした暮らしの中で
Les feuilles...
長女Yのつれづれ記
Choisir!c'es...
風に吹かれて
latte di luna
何してたっけ?
フレンチシックな家作り。...
赤煉瓦洋館の雅茶子
Clearing Met...
Salt&Orange時...
気ままな日々綴り
着物、ときどきチロ美&チ...
histoire
♪Princess Cr...
Sourire doux...
風まかせ
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
ステンドグラス こもれ...
Cottoli shop...
はるママの今日
BOUDOIR
香りとともに暮らす/ココ...
ネコと文学と猫ブンガク
kazu photo blog
風歩記
ほろ酔いにて
Wind and Roses
花のリヴィエラ便り ::...
のほほん幸せ探し
いつまでもお洒落でいたいから
galette de R...
RIVER LEATHER 
風と花を紡いで
~nonon garden~
我流でいいよね。
奈良・河合町・橿原市~パ...
幸福な時間
mai memory
外部リンク
ファン
最新のコメント
> teineinaku..
by chirimen1111 at 22:59
はじめまして。 美しい..
by teineinakurasi2 at 16:40
おはようございます。 ..
by chirimen1111 at 08:25
フルールさまへ コメン..
by chirimen1111 at 19:33
hiinaさん、こんにち..
by apercevoir at 16:54
> Yさん お..
by chirimen1111 at 11:56
hiina様 コメント..
by Y at 20:21
鍵コメY様へ コメント..
by chirimen1111 at 23:13
hiina様、始めまして..
by Y at 21:04
鍵コメ21:06さまへ ..
by chirimen1111 at 17:11
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
問い合わせ
from 春うらら
問い合わせ
from 春うらら
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば
掲載誌のお知らせ
from フレンチシックな家作り。la..
感謝。
from ふるーるのポケット
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
私の知らない母


                 母の成人式のモノクローム写真、
                 H・MATSUZAWAとエンボスの文字が見て取れます。
                 撮影者の名前なのでしょうか?
                 母に尋ねても「遠い昔だから覚えていない・・・・・。」と、

私の知らない母_d0125776_11405567.jpg


                 父も亡くなり、娘時代も母の記憶から段々と遠のく今となっては
                 この写真をUPすることも「構わない。」と言ってくれた母。



                こうして私の手元にあります。。。。。

私の知らない母_d0125776_11444716.jpg


                染み一つ無い行き届いた手入れは母の母が
                とても大切にしていた振袖と聞き、それも頷けます。

私の知らない母_d0125776_11475872.jpg


                 同じく娘時代の母が良く袖を通した夏の着物
                 丸文様の花や帆掛け舟や波が涼を誘います。
                 他にもたくさん母から受け継いだ着物には
                 未だ一度も鋏を入れられない自分がいます・・・・・。

私の知らない母_d0125776_11533399.jpg


                 母が18歳の時に編んだ手編みの小さな袋、
                 唯一私がサシェとして使い枕元に置き日々愛でている宝物。
                 薔薇のカポションは後から私が付けたもの、
                 チープながらも似合っている。。。。


                 一人娘の母はずっと着物で通した人、
                 私が物心ついた時も母はずっと着物姿で・・・・。
                 そんな母と一緒に歩くのがとても嫌な私でした・・・・・。

                 今では年老いた母の手を引き歩く私はまんざらでも無い気分です・・・。

私の知らない母_d0125776_1221615.jpg


                 母は珈琲中毒の私を不思議がるくらい
                 珈琲は駄目な人、
                 今朝はそんな母の為にマリアージュのマルコ・ポーロを淹れました。
                 ジャムも同じくマルコ・ポーロ、
                 芳醇な香りが漂う中、
                 母の横顔は私の知らない娘時代の母の顔でした・・・・・。
by chirimen1111 | 2008-08-14 12:17 | 古 裂 | Comments(32)
Commented by Erina at 2008-08-14 12:45 x
Hiinaさん、こんばんは。
着物もお母様の編まれた小さな袋もとっても素敵。
私、古い着物が大好きで自分で着たりはしないのですが
上の子の七五三の3歳のときにはまだ日本にいて絶対に
古い着物を着せてあげようと思って必死で探しましたよ。
そして大正時代の古い着物を着せてあげることができました。
虫食いされていないかちょっと見てみなきゃ!(笑)

少し前に昔の写真(10年ちょっと前)の私と母と旦那とが写っている写真がひょっこり出てきたのですがその中の母はとっても若くって。かわいくて。
最近、ビデオチャットで画面に映る母は何かもう、おばあさんみたいで
10年ちょっとでこんなに年取るのかなーなんて思いました。
(自分も思いっきり老けましたけどね 爆)

ん!
お母様の写真の後ろの紙はもしかして、、、、?
Commented by hiinachirimen at 2008-08-14 13:20 x
Erinaさん、こんにちは!

やはりErinaさんもそうなのですね、嬉しくなっちゃいます♪
ニットの作家さんのお友達が自分はいつもニットを編んでいて
娘さんにもニットを着せているから、せめて七五三には
アンティーク着物をと一式揃えて着せていますが
やっぱりそれはとても印象深くて一際目立っていました。。。

きっとErinaさんの子供さんもとても可愛かったでしょうね!!
拝見したいな写真~~~!

写真は本当に顔に年輪を刻むと言う言葉がぴったり来ますね、
数年前の自分の写真を見ると・・・・。確実に歳をとっている自分がここに・・・。

へへへ、大正解!!
それからドイリーも早速使っています、本当にありがとうErinaさん☆
Commented by La・Perle at 2008-08-14 13:30 x
こんにちは☆

お母さまへの愛情あふれるブログに、hiinachirimenさんの
優しさを改めて感じました。

お着物や手編みの袋を拝見させて頂き、
手仕事の素晴らしさ、物を大切になさるお心が
伝わってきます。
素敵なhiinachirimenさんがいらっしゃるのもね♪

葵丘さんでの個展で拝見させていただきました
刺繍も、お母さまの手仕事なのでしょうか?

Commented by hiinachirimen at 2008-08-14 16:17 x
La・Perleさん、こんにちは!

母は本当に器用な人で日本人形、文化刺繍、日本刺繍、
レース編み、etcなんでもこなしました。
私はそんな母が刺した日本刺繍の帯びや半襟を何本も
譲り受けました。。。
実際に紬の着物と合わせたりして締めています。
ところが今は母は全く刺し方を覚えていないと言います・・・。

歳月ってそういうものなのかなあとしみじみ感じました・・・。

そうなのです♪
母が学校のお裁縫の時間に刺したものだそうです☆
Commented by k-coco at 2008-08-14 17:51 x
hiina さん。こんにちは!

大切に...すべてが素敵な宝物ですね!
手の込んだレース編みはデザインも糸の色も素敵ですね ♪
hiina さんのお母さまもとても器用な方ですね。
成人式のお着物も...ずっ~と鋏を入れたくない気持ちわかります。
私の母も編み物を教えていたのでニットや小物は全て手作りでした。
娘達のニットも季節毎に編んでは段ボールにいっぱい...♪ ^^

薔薇のカポションも素敵な色ですね。
コーヒーの器はルギャール!でしょうか...?

お母さまと暮らす時間を大切になさってくださいね ♪
Commented by netherbury at 2008-08-14 18:55
こんにちは。お母様、とても素敵♪昔の方はみなさんとても器用ですよね。それにしても、このサシェ、すごくいいですね〜。この色使い、今このパーブルは旬の色でよく洋服でも良くみかけます。
ひいなさんの器用さも遺伝なんですね。^^;
昔の着物っていいですね〜。色合いが素敵♪鮮やかなんですが、薄っぺらくなくて、深いお色。大切な宝物ですね。

私もマルコポーロ、愛飲者です〜。おいしいですよね。そんな私もお母さん同様、コーヒーを飲まない人です。^^
Commented by hiinachirimen at 2008-08-14 19:48 x
k-cocoさん、こんばんは!
どんなお盆を迎えられていますか?(お仕事で通常通りかな?)

やっぱり職人さんのルーツもお母様から受け継がれていましたか!
母も私達が小さな頃は手編みのセーターとかを編んで
着せてくれた覚えがあります。
昔の方は何でもこなされて、それは今のような既製品という流通が
無く、作るしかなかったからと母は言いますが・・・。

薔薇のカポションは頂いたものですが色合いがピッタリでした^^

ピンポーン、大正解です♪
ルギャールもアスティエと並んで大好きなのですよっ@@

ありがとうございます☆
日に日に小さくなる母が愛おしくもあり、ちょっぴり悲しくもあるこの頃です・・・。
Commented by hiinachirimen at 2008-08-14 20:00 x
netherburyさん、こんばんは!

今日も猛暑の日本でした。
イギリスは如何でしょうか?

何だかセピア色の写真は今見てもとっても新鮮で素敵ですよね♪

このレース編みの袋は気が遠くなるくらい細い糸で
緻密な手編みが施されています。。。
他にもたくさん編んだと言う母ですが唯一これだけが私の手元に
あります・・・・。(大きなテーブルクロスやストールも編んだそうです)

昔の物が全て良いと言う事ではありませんが、
この色合いだけは今再現する事は難しいそうです・・・・。
だから見飽きないのでしょうか♪

そうでしたね!紅茶党とブログにも書かれてみえましたね☆
マリアージュのモノは色々試飲しても最後はマルコポーロに
行き着いてしまいます(戻ります)@@
Commented by tiffany at 2008-08-14 20:46 x
hiinaさん、こんばんは♪
残暑が厳しいものの東京の夕暮れは少し秋の様子が・・・

お母様のお写真お美しいですね
そして、染めのいい着物
染みひとつなく今こうして綺麗に保たれているのは
着物の知識もあり、また大事にされるお心があったからでしょうか
そして手先の器用さは!お母様譲りだったのですね
小さな袋の繊細な手編みも素敵!!

年老いて介護へと・・・きっとhiinaさんも人にはいえないご苦労も
あるのでは」ないでしょうか
生きていてくれる・・・それだけであり難いと思いたいですね
私も母は要介護5の認定ですので病院にお願いしています
年老いても一緒に話せたり歩いたりできるのも
本当に幸福かと思います

マリアジュフレールのお茶を優雅に召し上がる
お母様とhiinaさんとテーブルに寝てるひいなちゃんが
目に浮かびます
どうぞ大事な時間が続きますように・・・!
Commented by 萌です at 2008-08-14 21:55 x
こんばんは!
今日も暑い一日でした。まだ山です。8月いっぱいいますよ。お盆は、息子夫婦が、お墓参りに行ってくれました。ステキなお母様のお写真、着物、小さな袋物ひいなさんの、お母様えの想いが、ひしひしと感じられて、うるうるしそうです。母を51歳で亡くし父を71歳で見送り、
40年母を、思わない日はありませんでした。ずっと私の背中におります。
女の人にとって、母親の存在は、大きいですね。
ごめんなさい!つい長くなってしまいました。
ステンドグラス・・・。がんばる方向に行きます。
もうひとつ、サラ・ヴォーン、ビリーホリデイー・。ニーナ・シモン。
すきです。あとはピアノ、ジャズピアノ、最高ですね。
一日中CDがまわっていますよ。あ・・・。  もうひとつマルコ・ポーロ 大好きです。
山で、cocoさんと飲みましたよ
Commented by y_and_r_d at 2008-08-14 22:49
こんばんわ。
マルコポーロの香りに包まれると
タイムスリップしたような感覚にとらわれますね。
我が家でも愛飲しています。
それにしても見事な着物です。
古い着物というのは本当にすばらしいと思います。
先日仕事で慶長時代の小袖の撮影に立ち会ったのですが
ただただその迫力に圧倒されました。
Commented by miffitea at 2008-08-14 22:56
こんばんは、
お着物とても可愛い色合いですね。とてもモダンな感じがします。
hiinaさんのお母様への尊敬と愛情に、とても感動しました。
凛とした素敵なお母様ですね。hiinaさんも同じ。
今日の記事を読み、私も母を大切にしなくてはと、急に感じました。
Commented by hiinachirimen at 2008-08-14 23:05 x
tiffanyさん、こんばんは!

そうですね早朝と夜は幾分暑さも和らいだかのように感じます。

祖母はとてもきちっとした人だったらしく母の花嫁衣裳、打ち掛け、
その時に締めた帯なども綺麗に残っていました。
私が始めて名古屋三越栄店で個展を開催させて頂いた時
それらも一緒に展示したのですよ!!

今と違って洗い張りや染み抜きの技術もそんなに優れていない頃、
祖母の小まめな手入れが今に至っている事に感謝で一杯です♪

そうですね母から受け継いだものなのでしょうか。。。。

介護の毎日は大変ですが周りの温かなサポートもありますし
何より母がとても明るく元気な事が何よりです♪
tiffanyさんのお母様も、そうでしたか・・・。

こうしてブログを通して活字から皆さんの色々な気持ちや
様子を汲み取れる、そんな事に支えられている部分があります。
私だけが大変なのではないんだと。。。。。

ありがとうございます!!
とっても温かいエールを頂き、また明日も頑張ろうと思います♪
ティファニーちゃんにも宜しくお伝え下さいね☆
Commented by maqui-cafe at 2008-08-14 23:26
hiinaさん、こんばんは^^
 お母さまとの温かな関係を、そっと木陰から覗かせていただいて
ふんわりと優しい気持ちに包まれたような感覚でおります^^
 美しいお母さまのお写真、そこに写る振袖が今、hiinaさんの手元に
あって、色鮮やかに<現代>を生きているなんて、すごいです。
古いお着物の価値も、ありがたみも、魅力も、充分すぎるくらいに
わかるhiinaさんだからこそ、鋏はなかなか入れられないのは
わかる気がしますが、それと同時に、こんな貴重なお着物に
鋏を入れるとしたら、ふさわしいのは間違いなくhiinaさんただ1人だとも
思います。
お母さまが編まれた袋を日々、愛でて、お母さまのために
美味しい紅茶を淹れる・・・お母さまの横顔が少女の頃に戻るのが
わかるような気がします。
難しいこと抜きに、理屈ぬきに、美味しくて、幸せで、心が満たされて
いるのですよね。
わたしも、母のお手製のモノを沢山持っています。
もっと大切にします!
Commented by hiinachirimen at 2008-08-14 23:31 x
萌さん、こんばんは!

そうですか~~!山の生活満喫中でしたか^^
頼もしい息子さん夫婦がいらして助かりますね!!

お母様は若くして亡くなられたのですね・・・・。
思い出させてしまったようで・・・・。ごめんなさい・・。
母親はライバルでもあり母なる大地でもあり
父親とはまた違った存在ですね♪
でも萌さんの心の中にずっと生き続けて見えるお母様は
萌さんの事見守っていて下さると思いますよ☆

やった~~!ステンドグラス制作、再度開始ですね@@

今聞いているのはJUNE CHRISTY のSOMETHING COOLですが
サラ ヴォーンや花岡詠二さんなんかも聞いてます!

マルコ ポーロはリピーター数がとても多いようですね。
あの香りと味は癖になります☆
cocoさんとお二人で飲んだお味はまた格別でしたでしょうね^^
Commented by hiinachirimen at 2008-08-14 23:39 x
y_and_r_dさん、こんばんは!

以前ブログでこのマリアージュの黒い缶を素敵にUPされて見えましたから覚えていますよ♪

先日名古屋で「小袖展」を見る機会がありましたが
その素晴らしさに息を呑み何時間もその場に佇んでいました。
そんな小袖の撮影に立ち会われたなんて羨ましい限りです☆
近くで小袖を見る事が出来たのでしょうか?
Commented by hiinachirimen at 2008-08-14 23:50 x
miffiteaさん、こんばんは!

昔の着物の色合いは大胆な中に品格もあって下品には決してならず
そんなところが今アンティーク着物として見直されているのかも
知れません。。。
ありがとうございます!
母はやはり昔の女性なので強さを内に秘めている人かもしれません・・・。
でも私は決してそんなでは無くて、いつも何かあるといじいじと
考えてしまうタイプです・・・・。

お母様はお元気なのですよね!
私は自分の親は決して歳をとらないと思っていたくらい、
だから年々弱って小さくなる母を見るとちょっぴり辛くなります。

元気なお母様と過ごす時間を持つことも大切な時間だと感じます☆
Commented by s-home3103 at 2008-08-14 23:58
なんだか物語を読むように、読ませて頂きました。
とても胸がキュンとしました。
着物がお好きでとても器用だったお母様の血がhiinaさんにも流れているのですね〜。お写真とても素敵です。

人を介護するって途方もなく大変なことだと思うのです。
母って歳をとるごとに愛おしくなっていきますね。
hiinaさんのお母様のようなご様子だったらなおさらのこと。
どんな言葉で綴っても陳腐になってしまうのですが
どうかhiinaさん自身もお身体に気をつけて
お母様との時間を大切になさってください。

着物も素敵だわぁ。今のものにはない色彩ですね。
もうかなり着てないので、着れなくなったと思うのですが
また着たいとつくづく思います。
最近は着物離れが激しく
京都では街ぐるみで着物の日を作ったり、着物の人はタクシー代を割引したり
いろいろ頑張っているようなのです。

マルコポーロおいしいですね。好きです。
Commented by hiinachirimen at 2008-08-15 00:03 x
maquiさん、こんばんは!

そっと木陰から覗いているmaquiさん、発見♪

自分が小さな頃は気にも留めなかった母の娘時代の着物が
学生の頃から絶対に自分が貰おうと決めていました^^
そして自分も歳を重ねた今、あらためて母の着物を手に取ると
何故かとても不思議な気持ちになるのです・・・・。
自分が受け継ぎそして蘇らせる、どうやって・・・・?

きっとその答えは当分見つかりそうもありませんが
何枚かは今、私が袖を通しているので母も大層喜んでいます。
きっと鋏を入れることもまだまだ先になりそうです・・・。
私しかいない、maquiさんがそう仰って下さる様なふさわしい人に
なれるよう日々精進します♪

母が日に日に子供に返って行くのですよ、顔つきも邪念が無くなって
穏やかになって・・・。

maquiさんのお母様のお手製のモノって、どんなモノなのかな?
きっとmaquiさんのことだからとても大切にされていると確信しています☆
Commented by hama-anne at 2008-08-15 06:43
hiinaさん、おはようございます。

hiinaさんの深い優しさに、思わず涙がこぼれてしまいそうに。
丁度、私の日記に「再検査異常なし」とのコメントをいただき
ほっとしていたものですから。

素敵な方のご両親やご家族、近くにいらっしゃる方のお話を聞くと
やっぱり
「ああ、なるほどね。長い時間をかけて自然と身に付いた魅力なんだなあ」
と思うことが多いのですが、hiinaさんのお話からも、またそういう素敵ルーツを垣間見た気分です。
受け継いでいくって素敵なことですね。

hiinaさんが淹れたマルコ・ポーロ。
どんなにか美味しかったのだろう、と
マルコ・ポーロの香りを思い出しながら読ませてもらいました^ ^

Commented by ひげ at 2008-08-15 07:43 x
ひいなさん、おはようございます。
おかあさん、かっこいいですね!
背筋がしゃんと伸びた、りりしい姿が浮かびます。
紅茶、美味しそうですね。どんな香りと味なんだろう。
はまあんさんと同じように空想してました。


Commented by hiinachirimen at 2008-08-15 10:00 x
s-home3103さん、おはようございます!

昔のモノクロームの写真は何だか皆さん素敵に見えてしまいます。
色の無い世界はかえって自分の目を通して自分色に想像して
しまうからでしょうか?
今にない写真の艶消しの質感とシャギーがかったような
全体の雰囲気に助けられているような気がします・・・。

自分が以前介護を経験した方から「介護の大変さは経験して初めて
痛感するよ・・・。」と言われました。
何でもそうですが自分をその生活のリズムに持って行くまでが大変でした。
私は何ヶ月もかかってしまって・・・・。
今はやっとそのペースに慣れました。
でも周りのたくさんの人達に助けて貰ってますから何とか頑張れます♪

S-home3103さんも旦那様のサポートと子育ての両立
とても大変だと思います、でもその中で生活のメリハリを見つけて
頑張っていらっしゃるからとても刺激になります、私も!!

昔の着物の凄い所はやはり手を抜いていない技術でしょうか。。。
どこを見ても細部にまで気を抜かない仕上がりです。


京都は着物がしっくりと来る町ですね♪


Commented by hiinachirimen at 2008-08-15 10:21 x
hamaさん、おはようございます!

何だかしんみりさせちゃいましたか?
お盆で比較的ゆったりと家にいるので着物や古裂の整理を
していたら母のこの着物も出て来て、久し振りに手に取り
やっぱりいいな~~~~って思って・・・・。
母の昔の写真と一緒にUPさせて貰っちゃいました^^

時を経て残る物はそこに何か潜んでいて
今に至っているのではと考える事があって・・・。
私は着物や古裂をコレクションしているのとは少しだけ意味合いが
違っていて、そこに使うことで(袖を通したり、古裂を作品にかえたりと)
潤いとか生活の中で喜びに変えたいと思うのです。。。。

いつかhamaさんともご一緒したいな!!
マルコポーロを飲みながら☆
Commented by hiinachirimen at 2008-08-15 10:28 x
ひげさん、おはようございます!

昔の人は姿勢を正す事が当たり前のように慣れていたのでしょう、
本当に凛とさえ感じます(自分の母ですが)

ひげさんもお墓参りに帰られてご両親と会われたのでしょうか?
幾つになっても親は親、子は子ですね!!

hamaさんとひげさんと、私のトリオでティータイム、
勿論、紅茶はマルコポーロで^^楽しいでしょうね~~~~~☆
Commented by manges_tu at 2008-08-15 17:51
お母様はhiinaさんのルーツですね 
素敵なお話を有り難うございます。

モノクロの写真は 時がそこで閉じ込められたイメージを
受けますが 
次のお写真の振り袖の色は まるで違う世界で どきっとします。
お母様が袖を通している その時から
今まで ずっとビビッドにに光を放っているのですね。
これからもずっと...

先日 姉と祖母の荷物をごそごそと触っていたら
写真が沢山出てきました。
私の記憶の中の祖母は すでに「おばあちゃん」でしたが
そこには 確かに 女性であり、母である祖母の姿。
写真好きな祖父が撮ったと思われる 花いっぱいの中にいる
「ひとりの美しい女性」の大きな写真を頂きました。 
Commented at 2008-08-15 22:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jasminetea-m at 2008-08-16 01:56
自分達の母親の年代になると写真があまり残っていないですね。
前に古いアルバムを見つけた時、若く美しい母と父の出会いの頃の初々しい
姿に、何だか胸がキュンとしたことがありました。
自分が物心付いた頃には、すでにぽっちゃりした母でした(^^;

少ない一枚、大切にされて下さいね。
美しいお母様のお写真です。
お母様の着物にハサミを入れられない気持ちも痛いほど分かります♡
Commented by hiinachirimen at 2008-08-16 07:37 x
manges_tuさん、おはようございます!

母のモノクロームの写真はセピア色で
manges_tuさんが仰る通りその時をそのまま感じることが
出来て好きなのですが色の無い世界・・・。

私も初めてこの着物がこの写真の時に着たモノと見せられた時には
驚きとあまりの大胆な柄と彩りに息を呑みました・・・。

写真てやはりその人の人生をそのまま映し出す
人生年表のようなものだから、今の自分より以前の写真を見ると
やはりその時々を思い出しますね・・・。
昔の写真は嫌いと言う人も多いですが(私もそのひとりです)
身内の特に古い写真はそれだけで歴史を感じてしまいます。

おじい様はおしゃれな方だったのですね!
マイカメラでおばあ様を撮られたなんて、素敵です♪
若い頃のおばあ様の姿、きっとmangets_tuさんも心に残り
美しい女性の写真を持ち帰られたのですね☆
Commented by hiinachirimen at 2008-08-16 07:45 x
22:50鍵コメさん、おはようございます!

やはり鍵コメさんも同じようなご苦労を経験されているのですね・・・。
私も最初は自暴自棄になったり色々と疎ましく思ったり
本当に大変な時期がありました・・・。
でもやっぱり、人間一人では無いのだと、
ひとりでは生きられないのだと改めて強く感じた時期でもありました。
つくづく人の思いやりや人の手の有り難さを痛感しました。

辛さや悲しさを経験されている人程やさしくなれるのだなあとも
思いました。
自分もまたそうでありたいと。。。。まだまだ未熟ですが・・・。

えっ~~!
本当ですか♪
私が珈琲中毒と書いたからですね。。。。
ありがとうございます、とっても嬉しいです、ウレシナキ(><)
いつも温かなお心遣いに感激しています☆
Commented by hiinachirimen at 2008-08-16 07:53 x
jasさん、おはようござます!

母方の両親が何でも几帳面にとって置く人達で
母の実家に遊びに行く度にちょこちょこと母の娘時代の
モノを持ち帰りました。
器などもその時々で欲しいものを頂いて来たりしていました。
父親の昔の写真は少ないのですが母のモノは小さい時からの分も
含めるとたくさん手元に置いてあります。
その1枚1枚を見ていると何だか母親のようでなくて不思議な気持ちに
させられます・・・。

身に染みる温かいコメントありがとうございます。。。
これからもきっと、このまま鋏を入れることは無いであろうと思います。
時折出しては眺める、そんな着物もあっていいと感じるこの頃です☆
Commented by cocomoparis at 2008-08-18 07:02
着物の生活をしていらしたことや着物を綺麗に保管していたことからも、お母様はきっといろいろな事を大切に丁寧に暮らしていらっしゃることが感じられます。
着物だけではなく、そうしたことを、hiinaさんも自然と受け継いでいらっしゃるのでしょうね。

着物と言えば、今回帰省の際に着物や和装小物を幾つか連れ帰って来ました。
お世話になった方から譲り受けたもの、姉から貰ったもの、着物専門の古着屋で見つけたもの、そしてなんと姉が古着屋に出そうとしていた中に見つけた祖母の形見の帯も救出!
生地として何かに利用しようと思ったのですが、形在るもの、なかなか鋏をいれられません。。。羽織は秋になったらジャケットとして着るつもりです ;-)

手編みの袋は和装にも洋装にも似合いそう!
なんて素敵なんでしょう!お母様の作ったものなら尚更のこと、いつまでも大切に持ち続けるのでしょうね。

マルコポーロは私も常備しています。夜はテイン抜きのマルコポーロ・ルージュ。
ゆっくりとした時間の中で味わいたい紅茶ですよね。
Commented by hiinachirimen at 2008-08-19 08:24 x
cocoさん、おはようございます!
こちらにもコメントありがとうございます♪

幼い頃の記憶は母がいつも着物の手入れをしていた光景です。
半襟を付け替えたり、汚れをベンジンで拭きとったりと・・・。
あの頃は何をしてるんだろうという感覚しかなかったのですが・・・。
小さな時から和装小物や和装ものに囲まれていましたし
母が良く歌舞伎にも連れて行ってくれましたと言うか私を置いては
出かけられない状況だったのでしょう・・。
今となってはそれが有り難いことと感謝しています。

そうですかとても貴重な着物や帯を持ち帰られて良かった!!
危うく捨てられそうになるところを間一髪でしたね♪
cocoさんなら自分流におしゃれで素敵に着こなされること
わかってますし、マチガイナイです^^

この手編みの袋は本当に糸自体がとても細くて繊細なのです。
よく編んだなと感心しきり・・・。
母はと言うより昔の女性って一通りの和裁、洋裁、編み物など
花嫁修業としてこなしたみたいですね。
昔に生まれていなくって良かったとこの時ばかりはそう感じました☆
<< マ イ ブ ー ム 灯 り >>