古裂と猫をこよなく愛する私の日々の呟き
by hiina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
掲載図録について
すべての掲載作品の無断複製使用は法に依り禁じられていますので固くお断りします。



「ピックアップブロガー」に紹介して頂きました。
小窓の↑マイクの印をクリックするとご覧頂けます。
ライフログ
ちりめん戯縫
カテゴリ
全体
古 裂
ひいな
お出かけ日和
アンティーク
身のまわり
お家の草や花たち
仕事部屋から
おいしいの素
うさぎ
日々のこと
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
フォロー中のブログ
季節を感じて
Komachi Days
gyuのバルセロナ便り ...
イギリスからヒトリゴト
アンティーク・雑貨・アー...
エミリアからの便り
aya's photo
 フランス生活便り
ドン・小太郎・コルリオー...
Cahier de Co...
匂いのいい花束。ANNEXE。
ヒトは猫のペットである
R's ANNIVERSARY
wiwiの気まぐれ日記
おまけ猫たちとの日常
造形教室な日々
“ゆる気”な日々 ///...
猫と紅茶
ありがとう 人生!~me...
フィレンツェ田舎生活便り2
Reon with LR...
好きな写真と旅とビールと
くーぽあ・くーぱー不定期便
souvenir/un ...
papillon bleu
pour toujours
PARIS+ANTIQUE 
スペイン・バルセロナ・ア...
A motif
La Fleur
ふるーるのポケット
fuu.....nnm....
黒パグ CHAPPYの成...
*nunonohana*
a serene life
VINO! VINO! ...
greenfinger ...
クールドミール
満月アンティーク
salvage anti...
La mayonesa
ferio
MONO STYLE +
FUNKY'S BLUE...
針仕事職人の気ままな仕事場
Mercerie Hige
月の下の子供
It's on my mind
Figuier
*fil de laine*
murmure
キャトキンとモニアン
イタリア語って面白い!
絵本とわたしとこどもたち
ア ラ カルト
La queue courte
おうち大好き
蒼穹 
inunome-neko...
clair de lune
*かんざし屋富美子*
milly.b
ぬのきち
 花の手仕事[flowe...
ありがとうはまほ(う)のことば
海の古書店
Rose Anciennes
mille/deux b...
ROSE DECO
ladder of th...
はんなり気ままなDiary
イタリア・ジノリの街から
La Maison de...
The other side
~AnnaMaria~の雑記帳
イギリス 西ウェールズの...
anko`s life
chinois chic...
羊毛フェルトアート...
MIKA MIKA
La pâte du l...
もの言う猫
m's note 2。。。
古道具 前田  
陽だまりcafe
la mer
olivier*オリーブの木
Le Petit Ruban*
Mon favori
tannune
羊毛フェルト&ハンドメイ...
~ わんこと私と and...
deuxR
絵本とわたしとこどもたち...
Sauntering 
■□Chicher's ...
ゆるりとした暮らしの中で
Les feuilles...
長女Yのつれづれ記
Choisir!c'es...
風に吹かれて
latte di luna
何してたっけ?
フレンチシックな家作り。...
美は観る者の眼の中にある
Clearing Met...
Salt&Orange時...
気ままな日々綴り
着物、ときどきチロ美&チ...
histoire
♪Princess Cr...
Sourire doux...
風まかせ
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
ステンドグラス こもれ...
Cottoli shop...
はるママの今日
BOUDOIR
香りとともに暮らす/ココ...
ネコと文学と猫ブンガク
kazu photo blog
風歩記
ほろ酔いにて
Wind and Roses
花のリヴィエラ便り ::...
のほほん幸せ探し
espoir/~アンティ...
いつまでもお洒落でいたいから
galette des ...
RIVER LEATHER 
Chaussures ...
風と花を紡いで
~nonon garden~
我流でいいよね。
奈良・河合町・橿原市~パ...
幸福な時間
mai memory
外部リンク
ファン
最新のコメント
フルールさまへ コメン..
by chirimen1111 at 19:33
hiinaさん、こんにち..
by apercevoir at 16:54
> Yさん お..
by chirimen1111 at 11:56
hiina様 コメント..
by Y at 20:21
鍵コメY様へ コメント..
by chirimen1111 at 23:13
hiina様、始めまして..
by Y at 21:04
鍵コメ21:06さまへ ..
by chirimen1111 at 17:11
鍵コメ19:33分さまへ..
by chirimen1111 at 10:00
annamariaさまへ..
by chirimen1111 at 20:33
鍵コメ17:09さまへ ..
by chirimen1111 at 20:29
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
問い合わせ
from 春うらら
問い合わせ
from 春うらら
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば
掲載誌のお知らせ
from フレンチシックな家作り。la..
感謝。
from ふるーるのポケット
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
初 秋


                 暑さ、寒さも彼岸までと言う諺があります。
                 お盆が終わり、昨日、今日の朝方はめっきり過ごし易く、
                 少し前までの身体が悲鳴を上げる程の暑さが嘘のようです・・・・。

d0125776_9191439.jpg


                 7月下旬にワークショップを行った「ぎゃるり・うさぎ舎」さんから
                 やって来た一見ミルクガラスのようで酒徳利のような入れ物。
                 満月、すすき、飛び跳ねるうさぎの図柄が藍色で描かれています。

                 その隣は盆賀で訪れた「豊川閣・妙厳寺」で頂いた干菓子、
                 右下の焼印は「宝珠」の模様です。
                 鳳凰の肝や龍王の頭から出ると言われる宝珠には
                 願いを叶える不思議な力があるとされています。
        
                 毎年「豊川閣・妙厳寺」で開催される
                 観月会の司会をご縁があり8年間勤めさせて頂きました。
                 初秋になると、この時の境内の静寂さと夜空に浮かぶ月を思い浮かべ
                 日本の四季の尊さを、有り難さを感じる私です・・・。
                 
                 
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-21 09:33 | 身のまわり
プ チ 模 様 替 え


                 お盆の初日、親戚が揃ってやって来る・・・・。

d0125776_9331116.jpg


                 いつもながらの光景だけど・・・・。
                 いつもヒヤヒヤすることは、
                 そう可愛いおちびちゃん達が来ては
                 戸棚の扉をガァーっと開けたり、
                 ひいなを「カワイイ~~!」と言ってむぎゅーと掴んだり・・・・。
                 それはそれでかわいい仕草で許せるのだけれど・・・・。

そして決断!
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-19 10:00 | 身のまわり | Comments(46)
駆足の1日・姉と2人で


                  お盆の行事も無事に終わり、
                  姉妹2人で出かける時間が持てました。
                  あ~~~本当に久し振りです・・・・。

d0125776_745181.jpg


                  7月23日(土曜丑)、8月4日(二の丑)のどちらにも
                  鰻を食べなかった私達は、
                  鰻の老舗「のぼりや」さんへ向かうことになりました。
                  マッチ箱の裏には「美味 随一」という文字が・・・・。

d0125776_751261.jpg


                  ここは知る人ぞ知る鰻の名店、
                  全国から人が訪れます、芸能人や政界人も数多く訪れ
                  昔から変らないお店の佇まいや店内が古き良き時代を感じます。

d0125776_10135978.jpg


          
                   少しは貫禄の店内の様子が伝わるでしょうか?



d0125776_10154395.jpg

                             「うなぎ丼・上」
                 店内の照明が落としてあるので撮影上フラッシュをたく関係から
                 あまり鰻の美味しさが伝わらない画像になりました・・・・・・。

                 鰻の捌き方は関東式背開き、関西式腹開きと違いがあり
                 関西の公家文化に対し関東は徳川を始め武家文化が栄えた為、
                 腹開きは切腹を意味し嫌った事からと言う節があります。

                 そして私の住む中部圏は独特の甘辛の濃い味のたれで頂きます。
                 これがたまらなく美味しくて・・・・。
                 「のぼりや」さんはメニューには載っていませんが、
                 「ひつまぶし」も注文すれば作って頂けます、但しお客様が
                 少ない時のみですが・・・。(いつも店内はお客様で一杯です)

                       来年は土用の丑の日に伺いたいな~~~~。


                      ※豊橋市松葉公園西   「うなぎ・のぼりや」

このあと姉と2人駆足で・・・・。
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-17 09:02 | お出かけ日和 | Comments(31)
マ イ ブ ー ム


                  近頃はまっているマイブーム、

d0125776_1132440.jpg


                  「飲む酢」のブルーベリー味。。。。。。

                  疲れたと感じたら飲んでいます・・・・。

                  久し振りに自分の時間が持てました、
                  今から出かけて来ます♪

                  皆さんも楽しい週末をお過ごし下さいね☆
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-16 11:05 | 身のまわり
私の知らない母


                 母の成人式のモノクローム写真、
                 H・MATSUZAWAとエンボスの文字が見て取れます。
                 撮影者の名前なのでしょうか?
                 母に尋ねても「遠い昔だから覚えていない・・・・・。」と、

d0125776_11405567.jpg


                 父も亡くなり、娘時代も母の記憶から段々と遠のく今となっては
                 この写真をUPすることも「構わない。」と言ってくれた母。

この振袖は今、
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-14 12:17 | 古 裂 | Comments(32)
灯 り


                  13日は迎え火を焚き、先祖を迎えいれる日

d0125776_0195173.jpg


                  だからと言うわけではないけれど、
                  玄関先の灯りのカバーを変えてみました・・・。

                  出来合いの味気ないものには閉口していたせいか
                  大正時代の壁に直接取り付ける照明カバーに模様替え。
                  やっと納得出来る素敵なモノに出会えた喜びは一入で・・・。

                  ダイアガラスから漏れる灯りがとても柔らかく
                  扉のように正面から開けられるようになった凝った作り。
                  アラベスク模様の細工もどこか西洋を模している・・・。

                  迷わないで辿り着いてくれただろうか?
                  ご先祖様たちは・・・・・。
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-14 00:29 | アンティーク


                  一番大きい子が今年生まれた黒メダカの赤ちゃんです。
                  糸のように小さな子もたくさんいるのが見えますか?

d0125776_15481413.jpg


                 「ねえ、君!
                  僕はこう思うのさ。
                  人生なんて紙芝居だと、
                  白くて大きな愛のぬりえを
                  笑いや涙の絵の具で染める。

                  やさしさ紙芝居、
                  そして誰もが主人公。。。。。」

                  
                  頂いたCDで水谷 豊さんが歌っている歌詞のフレーズです。



                

この世に生を受けて、
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-11 16:27 | 身のまわり | Comments(47)
心 底 楽 し む


                 以前にもブログにUPした事がある「TOSC」さん。

d0125776_11245481.jpg


                 月に四回この場所の2Fで教室を開いています。

d0125776_11261847.jpg


                 このアーチをくぐって、今回は違う目的で・・・・・・。


                 

More
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-09 12:33 | Comments(30)
立   秋


               
                  暦の上では今日が「立  秋」・・・。

d0125776_852027.jpg


                  日本には四季があり、
                  古来より[二十四節気]という農耕作業を正確に行う為に
                  季節感を正しく把握する目的で作られたものがあります。
                  立春・立夏・立秋・立冬を四季の始まりとしました。

                  でも、それも近年の地球温暖化で狂い始めています・・・・。

                  

                  今日からお便りの最初にも
                  
                  「残暑お見舞い申し上げます。」と書かなければ。。。。
                 
                   残暑どころではありませんが、
                   私ももう一踏ん張り頑張らないといけません。

                   皆さんも猛暑に打ち勝つ体力・気力を充分養って下さいね♪
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-07 09:02 | 身のまわり
竹 久 夢 二


                  柳の木にしな垂れかかる一人の女性、
                  華奢で、物憂い表情の女性・・・・・・。
                  竹久夢二の描く女性はいつも何処か儚げ・・・・・・。

d0125776_22434644.jpg


                  竹久夢二を初めて知ったのは高校生の時、
                  彼の生家へも、少年山荘へも出掛け、美術館へ彼の絵が来れば
                  足繁く通ったあの頃・・・・・。
                  彼が遺した写真アルバム本「竹久夢二写真館・女」には
                  彦乃、お葉、たまきに混じって自身の写真も収められている。

                  写真の作品は唯一、夢二コレクターの方から譲り受けた木版画で、
                  ヘチマコロンの広告にもなりました。
                  長い間これだと言う額縁に出会えずにいたけれど、
                  やっと見つけたお気に入りの額縁は焼き物。

                  こう暑いとせめて室礼だけでも涼やかに、
                  この女性のように着物姿で涼しげにとは中々いきませんが・・・・。

                  コメントのお返事が遅れます、ごめんなさい・・・。
[PR]
# by chirimen1111 | 2008-08-05 23:11 | 身のまわり